News/Pickup

  • 滋賀県栗東市 金勝山

    仏教信仰の山

    弊社の所在地・栗東市の南部にそびえる金勝山は、花崗岩主体の山塊で、(竜王山・鶏冠山 など)山肌には巨大な風化残留礫が至る所に露出し、険しくも見応えのある山景が広がる。

    また、機械的風化作用によって花崗岩がマサ化し、歴史的に何度も大量の土砂が流下しており、その結果、天井川となった草津川が流れ出ている。

    花崗岩マグマの接触鉱床として、隣接する田上山からマンガンやペグマタイト鉱物が産出している等、周辺にも地質的な影響を与えてきた山である。

    平安時代の仏教文化の一翼を担っていた金勝寺(こんしょうじ)や平安時代に作られたといわれる狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)などがあり、これらの史跡をたどるハイキングコースが整備されている。

    オランダ堰堤

    田上山の草津川上流にある、明治22年に施工された淀川水源地田上砂防施設群の一つ。

    この田上山は、奈良時代の昔から、神社仏閣建設のための材木が切り出し続けられたため、ハゲ山となり明治に至るまで大洪水が度々繰り返されてきた。

    この治水のために、オランダから砂防工事の技師ヨハニス・デ・レイケを招き、その指導の下造られた堰堤。

    花崗岩の切り石を積み上げた、鎧型堰堤で、堤長32m、高さ7m。産業遺産三百選。

    夏は家族連れが賑わう水遊び場でもある。

    ハイキングコースには、重ね岩・耳岩・天狗岩など、花崗岩の奇岩が多くみられる。

    高さ約6mの大きな花崗岩の磨崖面に、狛坂磨崖仏が掘られている。

    麓の栗東歴史資料館にレプリカがあり、迫力のある大きさである。

  • 淡路島・五色浜 野島断層

    淡路島への巡検。

    西岸、瀬戸内海に面する五色浜では、直径5mm~1cmくらいの大きさで、いろいろな色をしたカラフルな玉砂利「五色石」がみられる。これらはほとんどがチャートで、装飾用の他に、江戸時代には火打石としても利用された。 

    五色石の産出源は、周囲の大阪層群と考えられている。大阪層群のレキ層が浸食され、小石が洗い出されたものと思われる。

    五色石 色は赤・黒・茶・白など
    五色浜背後の大阪層群の浸食崖 レキが多く混入

    続いて、北淡震災記念公園内にある野島断層保存館へ。

    1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災(M7.2)の甚大な被害を、教訓とするため作られた記念館。

    中でも、野島断層の変位をそのままに表すトレンチ断面は、地質に携わる者は必見。

    野島断層 山側がズリ上がっている
    住宅の塀のズレ 住宅内の被害状況も再現され生々しい
  • 根尾谷断層

    濃尾地震の爪痕

    岐阜県本巣市根尾地域を中心として分布する活断層。

    1891年(明治24年)10月28日に発生した濃尾地震(マグニチュード8.0)の震源断層である。

    この地震により数十kmに渡って地表地震断層が現れた。総延長距離約80km、活動一回あたりの最大左横ずれ変位量8m、最大上下変位量6mに及ぶ大規模な断層である。

    地震断層観察館内のトレンチ展示
    トレンチの解説。ズレと破砕範囲の大きさが良く分かる

    中地区の左横ずれ断層が保存されている。

    最大ずれ幅は9.2m。

    上の水鳥地区・縦ずれ断層に加えて、国の特別天然記念物に追加された。

    現地ではズレているかどうか分かりにくかった。