電気探査

電気探査(比抵抗法)は、地表に設置した一対の電極から電流(I)を流し、別の一対の電極間の電位差(V)を測定することによって、各電極の位置における見掛比抵抗値(ρa)を求め、その値の解析から地下の比抵抗構造を推定する技術です。

岩石や地層の比抵抗は、その構成鉱物の種類、乾湿の状態、風化・変質の状態、温度などによって支配されるので、地下の比抵抗分布から地下構造を推定する事ができます

電気探査 作業状況

比抵抗二次元探査

比抵抗二次元探査
垂直電気探査 

電気探査の解析から得られた比抵抗分布には、様々な地盤状況があらわれており、それらの解釈が重要です。

探査対象別の解釈事例など、技術パンフレット「電気探査もするの?」をご覧ください。