各種 検層

物理検層は、ボーリング孔周辺地盤の物理的性質を調査する方法です。

ボーリング調査の結果を補完して、調査精度を高めます。

調査の目的に合わせ、弾性波速度(P波・S波)・電気抵抗・密度・孔壁画像などのゾンデを

ボーリング孔内に挿入して測定します。


PS検層(速度検層)

弾性波の初動を読み取り、地盤のP波速度・S波速度を求める検層法です。

ダウンホール法(地表起振・孔内受振)やサスペンション法(孔内起振・孔内受振)があります。

PS検層
PS検層 ・P波 波形          ・S波 波形


密度検層

線源から放出され,岩石内で散乱したのち検出器に入ってくるガンマ線 (γ線) の強度を測定することによって、岩石層の密度を推定する検層法です。

コンプトン散乱により検出器に入射するγ線の強弱から、地層の密度が求められます。



電気検層

孔壁周辺における地層の電気抵抗(比抵抗)を測定する検層法です。

主に、帯水層の検出や地層対比などの調査目的に用いられます。

電気検層


ボアホールカメラ

孔内にカメラを挿入し、孔壁の直接観察を行う検層法です。

岩盤においては、亀裂の分布特性(走向傾斜や空隙率など)の把握に用いられます。

ダムなどのコンクリート構造物の健全性調査にも用いられます。

詳しくは技術パンフレットをご覧ください。